1日1回クリックお願い致します。
にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(面白・ネタ・コピペ)へ

スポンサーリンク

一年くらい付き合った会社の同僚の男性に、「うちの実家来ない?」と言われて、ひどい目に合ったことがある。

彼と待ち合わせて、手土産下げて行って、玄関から笑顔で出てきたご両親に「初めまして、○○です」と挨拶。
が、シカト。

両親、彼にだけ「おかえりー」と。
「挨拶の声が小さかったかな?」ともう一度大きな声で言うと、睨まれた。
彼、全く気にしない模様。

食卓にはご馳走がいっぱい。
「わー美味しそうですね、
何かお手伝いしますか?」と言うも、これもシカト。

食卓には私の分のお皿もあって、一応座る。

ご馳走を褒める、家を褒める、彼の話をする、
質問する、話題に食いつく。

何しても全員にシカトされる。
私は幽霊になったのかな、と気が付いたので、
一時間頑張った後、「ご馳走様です」と言って帰った。

家に帰ると、携帯の留守電に
「ちょっと試したんだ、冗談だよ」とか
なんか色々入ってたけど返事しなかった。

その夜のうちに、私のアパートにあった
彼の物は全部、彼の実家に送った。

鍵の救急車みたいな店に電話して、割高だったが鍵を変えてもらった。

付き合ってる時も、向こうから交際を申し込んだせいか、
会ってる時はとても明るくて優しいのに、

「会社に交際がバレるといけないから、結婚するまでは周りに秘密にしよう。
だから僕からは必要な時連絡するけど、君はあんまり連絡しないで」

とか、不可解な言動が多かった。

「もしかして他に女が」と思っていたので、
実家に招かれて本当に嬉しかったのに。

ずっとメールや着信を無視して、家を空けていたら、
家の近所で待ち伏せされて、コーヒー屋に連れ込まれ、

「話を聞いてほしい」と言われたので、黙って聞いてあげた。

「気を悪くしたなら謝る、父親は厳しい人間で、嫁が家に相応しいかとか気にして、だから」
とか言ってた。

聞いてほしい、と言われたから黙って聞いて、黙って帰った。

夜中に鍵をガチャガチャひねる音がして、玄関扉を傷が付くほど何かで叩かれたので、
扉の修理費の請求書を彼の実家に送って、
「会社と警察にストーカー被害で相談します」
と一筆書いておいたら、かなり多めの金額が入った書留がすぐ来た。

携帯もすぐ変えたせいかそれ以降は連絡ないし、
会社では元々あまり会わない部署だったので縁も切れた。

時々思い出しては、「口もききたくない奴に、あんなご馳走振る舞うのってどんな気分だったのかなー」
と思う。

今の義実家はあんなには料理美味しくないけど、賑やかで楽しい。

https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395985297/

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事